好き避け 重症 男性女性

好きな人をを思うあまり好き避けが重症なことになっているあなたへ

スポンサーリンク

あなたには今好きな人がいますか?その人を思うあまり、好き避けな行動をとっていませんか?その行動を自覚していくことが恋愛が実る第一歩となります。
好きな人への気持ちが強ければ強いほど、その思いとは裏腹な行動をとっていませんか。それがちょっと行き過ぎた重症な行動だと大好きな相手に嫌われてしまうことになりかねないです。それはとても悲しいことですよね。
そういったことを避けるために好き避けが重症になってしまっている人のためにいろいろと解決策を書いていきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。
好き避けも自分の感情を理解し、うまくコントロールしていくことで対策が取れますのでまずは自分の心理をしっかりと理解しましょう。

 

一般的な好き避けな行動といえば、視線をわざと合わせないとか、好きな人の前だとそっけない態度をとったり、口数が減ってしまったりといった感じです。
心理的に相手に自分の気持ちがバレるのが恥ずかしいということからの行動です。

スポンサーリンク

これが重症なところまで行くとどうなるのでしょうか。好きな気持ちが強ければ強いほど本心とは真逆の行動をとってしまいます。重症な好き避けはもう相手に完全に嫌いだと思われるような行動をとっている時です。

 

視線があわないだけだったのに、すれ違うときはあからさまに体ごと避けるようになったり、その好きな人がいない時に悪口を言ってしまったり、なのに好きな人が他の異性と話していると嫉妬したりといった行動はもう重症レベルな好き避けです。

 

せっかく自分も好きで相手も自分のことをどう思っているかもわからない状態で、そんな行動に走ってしまっては相手の気持ちもわからないまま嫌われてしまいます。

 

それは本当に悲しいですし、残念ですし、とても後悔してしまいますよね。無意識にそういう行動をとってしまいがちな人は、一度立ち止まって、自分の行動を見なおして見てください。そして自分の気持ちを整理することで、落ち着いていいアイデアが浮かんだり、次はどう接していけばいいのかが見えてきます。

 

本当に好きな人と恋人同士になるためには常に冷静になって行動していきましょう。

スポンサーリンク