好き避け 女性 心理

好き避けをしてしまうしてしまう女性の心理とは

スポンサーリンク

まず最初に好き避けとは好きになった男性に対してその人をさけるような行動を取ることをいいます。好きなのに避けてしまう。嫌いなのかなと思われる行動をとってしまうということを一言で表しているのが好き避けという言葉です。
好きな人がいるのに、避けてしまうというのはアピールをしたいところですが、そうガツガツと行ける人も多くありません。

 

特にこの行動は恋に消極的な女性に多く近年でもかなり増えてきています。行動そのものが避けているので相手からすると好きか嫌いかという判断は非常に難しくなってきます。

 

女性側の心理として、好きなことが本人や周りの人にバレてしまうと、ぎくしゃくして気まずい雰囲気になってしまうのが嫌なのです。そうなるくらいなら、あまり悟られないようにしようという行動なのです。

 

年代が上がっていくことで好き避けがひどくなるということもあります。美人なのにもうおばさんだからとか劣等感を少しでも持っていると自信をなくしてしまい好き避けに走ってしまうようです。

スポンサーリンク

女性は少しでも自分に自信が無かったり、他の人よりも劣っていると感じれば好き避けの行動をとってしまいがちになります。しかし好きな相手に好き避けしているからといってやはり本当は大好きなので、心の中が行動に自然に出てきます。好きな人と話していると目線が泳いだり、まっすぐに目を見られないという違和感が生じてきます。

 

これは好きという気持ちがバレてしまいそうで怖い!でも好きだから平常心を保たないとという、心のなかは動揺や、焦りでいっぱいになってしまっています。

 

基本的には好き避けをする女性のタイプがだいたい似ています。恥ずかしがり屋でプライドが高い女性は好き避けしやすいです。そして恋愛経験が豊富ではない女性駆け引きがうまくできないので、好き避けしてしまいます。
こういったことを克服するためには、自分に自身をつけていくしかないのです。
相手に引け目を感じることなく堂々と接することができれば、好き避けもきっとなくなることでしょう。
心当たりのあるひともいるかと思いますが、好き避けは恋愛する上で非常に邪魔な感情だと言えます。好きな人に好きと伝えられるような自分に成長していきましょう。

スポンサーリンク