好き避け 誤解 解く

好き避けの誤解せず見極める方法と誤解を解く方法

スポンサーリンク

皆さんは自分の好きな人が自分に対して、そっけない態度をとったり、冷たくされたことがありませんか?逆にそうしてしまっているという経験もおありの方もいるのではないでしょうか??

 

相手のことがすきなのに恥ずかしさが先行してしまい、そのような行動をとってします。今回はこの好き避けが生んでしまう誤解を、好き避けをされている側の目線と好き避けをしている側の目線から見て行きたいと思います。

 

<好き避けされている人が誤解しないために>
好き避けをされている側の人は嫌われているのかもという行動をされていますので、普通に生活をしていると、相手が自分のことを好きだなんて夢にも思いませんよね。

 

しかし相手が好き避けだったっ場合は、嫌い避けの時と微妙に行動に違和感を感じるようになります。視線がいつも好きな人へ集中していたりとかふたりきりだとしゃべらなくなったりとか、ここの段階では本当は嫌われているのではないかという誤解をしてしまう可能性のほうが高いですよね。

スポンサーリンク

ここで見極めるポイントは空気感を読むことです。本当に嫌われている場合は冷酷なほんとに冷たい空気感を本人が放ってきます。

 

そして好き避けだった場合は、どこかあたたかみがあります。具体的に説明することは難しいですが、ときには笑顔がこぼれたりとか、好き避けだけど嬉しさを隠し切れないと言った状態なのです。

 

パッと見分けることは好き避けの度合いによりますが、誤解をしないためにその空気感を読むということは大切になってきます。

 

 

<好き避けをしてしまっている人が誤解を解く方法>
好きな人へ好き避けな行動をとってしまう人は、その後に自己嫌悪や後悔していることが多いです。誤解を解く方法はすごく簡単で、避けなければいいだけの話なのです。

 

それをできないから苦労しているわけなので、どうやったら好き避けをせずに自然に話すことができるかを取り組んだほうがよいですね。

 

一番いいのは素直に謝ることです。ホントはきらいじゃないの、ごめんなさいと素直に勇気を持って言いましょう。それができれば一気に誤解は解けます。

 

それが難しい場合は、友達にいってもらうのも同じくらい効果はありますが、この方法は男性の場合は男らしくないという印象を与えてしまう可能性がありますのでできるだけ自分で言うことをオススメします。

スポンサーリンク