好き避け 嫉妬

嫉妬からくる好き避けに悩んでいる人が嫉妬しない方法とは

スポンサーリンク

嫉妬とは人間の一つの感情であって、自分がすごく価値をおいているものが、失われるかもしれないということを予期してしまうことからくる、不安な気持ちのことを言います。

 

嫉妬をすることによって現れる感情は、怒りや悲しみ、不安いろんな感情が複合して湧き出てくる感情です。とくに恋愛においては嫉妬心というのは誰しも抱いてしまうものです。できることなら嫉妬しないようにしたいものですよね。

 

好き避けをしている人が他の異性と楽しそうに話していると、嫉妬心が生まれ余計に避けてしまうという人も多いようです。そこで今回は嫉妬をしない方法を紹介していきます。嫉妬を回避することができれば気持ちも余裕が出てきますし、余計な心配をせずにすみます。ぜひ実践してみてください。

スポンサーリンク

<自信をもつ>
そもそもなぜ人は嫉妬してしまうのでしょうか。先ほど示したように好きな人という特別な価値をおいているものが、失われるという不安から嫉妬心が生まれるのですが、相手より自分のほうが劣っていると感じた時はより一層嫉妬心は強くなります。そうならないためには自分に自信を持つことが一番嫉妬しない方法です。
好きな人は他の人を話しているけど、あの人に取られるわけがないという自信があれば嫉妬することはないでしょう。

 

<見ないように考えないようにする>
この方法も嫉妬しないためのテクニックで、嫉妬してしまいそうなことは目に入れないようにすることで、その感情をシャットダウンすることができます。そして没頭できる他の趣味や何かがあればよりいいです。嫉妬しそうなときはそちらの方に目を向けて行くことができるので。

 

 

<嫉妬しないような考え方を身につける>
嫉妬してしまう人は心の準備がないままそういう場面に遭遇して嫉妬してしまいます。ある程度恋愛するからには嫉妬するのは当然だと割り切ることが重要です。やはり人間生きていくうえで他人との人間関係も大切です。
だれとも喋ってほしくないと束縛するのは、相手にとってはとても酷なことでしょう。
そのくらいの余裕を持っていれば嫉妬してしまうような出来事があったとしても、心のなかで処理することができるのでうまく自分の感情をコントロールしながらやってみてください。

スポンサーリンク