好き避け 職場 理由

好き避けが職場で起こりやすい理由とは

スポンサーリンク

職場での恋愛は非常に起こりやすいといえます。人間は、合う時間の長さよりも、合う回数が多いほうがその人に親しみをもつということがあります。

 

職場ではほぼ毎日顔を合わせますので、恋心が生まれるのはごく自然なことでしょう。そして大人になると、自分から動いていかない限り、出会いがかなり減る傾向にあります。
そして仕事の内容によっても大きく変わってくるでしょう。
同性の多い職場であれば余計に出会いは少なくなってきます。
そんな職場内での恋愛ではやはり好き避けというのは非常に起こりやすい環境にあります。それは下記の理由からです。

 

<恋心が悟られてしまうと気まずい>
毎日顔を合わせている関係ですので、好きという気持ちが生じてそれがバレてしまうと、両思いの場合は良いですが、もしそうではなかった場合、今までの関係に少なからず変化が生まれてぎくしゃくなる可能性が高いのです。
そうなるよりは今までの関係のほうが楽しいからということで、好きな気持ちを悟られないように好き避けをしてしまうと言った感じです。

スポンサーリンク

<好きな気持ちがバレると一気に広がる>
人間はうわさ話が大好きなので、そして職場内という狭い環境での出来事なので、そういう恋心が誰かにバレてしまうと、一気に周りに広がる可能性が高いです。そうなることがめんどくさかったり恥ずかしかったりするので、好きな気持ちを悟られないようにするのです。
こんな感じで、職場内での好き避けはすごく発生しやすい状況にあります。しかし職場内での恋愛はとてもいいものだと思います。周りの人が公認となり、堂々と付き合うことができれば、毎日好きな人に会うことができますし、職場が一緒だということで、悩みや相談事など共通な話題も豊富にあり、感情を共有することができます。

 

職場での恋愛は、障害やいろんなしがらみも多いかもしれませんが、本当に好きになった人なら真剣に向き合って見るべきです。
同じ職場にいるからこそ、お互いのことを欲知れるということがありますので、職場に気になる人がいるということがありましたら、諦めずにアタックしてみてください。

スポンサーリンク