好き避け 読み方

好き避け、嫌い避け、ごめん避けの読み方と意味とは

スポンサーリンク

最近恋愛の言葉でよく耳にする言葉として、「好き避け」「嫌い避け」「ごめん避け」などの言葉が出てきますが、正しい読み方と、意味はどういったものでしょう。今回はそのことについて見て行きたいと思います。

 

「好き避け」は「すきさけ」と読み、好きな異性がいるとして、すきなのに好きじゃないふりをして避けようとする行動です。この行動をする人の特徴は、シャイで恥ずかしがり屋の人に多く、自分に自信のない人がこの行動を起こしてしまいます。

 

この行動の背景には、緊張してしまったり、嫌われたらどうしようという気持ちがあります。嫌われるくらいだったら、はじめから関わらないようにしようという気持ちになってしまいます。

スポンサーリンク

行動のパターンとしては、目が合わない、ふたりきりの時にはとたんに口数が減ってしまうといった具合になります。自分に自信をつけないと、意志とは異なった行動を伴ってしまうので、自分に自信をつけることで行動が改善されていきます。

 

「嫌い避け」は「きらいさけ」と読みます。好き避けとは全く反対の意味を持ち、その人のことが嫌いで、距離を取るような方法です、好き避けとの行動は似ていますが、決定的な違いは嫌い避けには冷酷な雰囲気が漂っています。本当に近づきたくないというような雰囲気を放っているので、そこは好き避け嫌い避けを見極める基準にしましょう。

 

「ごめん避け」「ごめんさけ」と読み、相手が自分のことを好きということを察した時、恋愛対象としてみれなかったり、今は恋愛する気が無かった場合に、避けるような行動をとります。必要以上に距離を縮めようとしなかったり、プライベートではふたりきりでは遊ばないようにします。

 

好きな気持ちがないのに勘違いさせるのは悪いという気持ちからこの行動をとります。

 

似たような言葉で、微妙な違いですが、実際の恋愛になると大きな違いが生じてきます。この微妙な変化を見逃さず、素敵な恋をものにするためには、日頃から好きな人のことを敏感に観察しておく必要がありますね

スポンサーリンク