好き避け メール 無視

やっぱり好き?メールで無視をする本当の理由とは

スポンサーリンク

何気ない日常生活でも好き避けをしてしまう男女がいますがこれはメールでも同じことが言えます。恋愛をするにあたってメールというのは無くてはならないツールですよね。

 

メールでも同じように好き避けをしてしまう人がいます。本当は好きなのにどうしても冷たく返信してしまったり、無視をしてしまうケースが多いようです。

 

メールではお互い顔が見えないため、文章力や絵文字力の駆け引きが非常に重要になってきます。顔が見えないからこそ、本当の心理は隠していたり見ぬくことが難しい場合があります。

 

一般的なメールで無視をする人の心理を理解しておけばこの人はこう考えているのかとか次にどのような行動をしていけばいいかが具体的にわかってきますよね。

 

好き避けをしている場合とそうでない場合のパターンを良く理解しておきましょう。

スポンサーリンク

メールを交換して間もない頃はいつも連絡がきていていい感じと思っているかも知れませんがそうでなくなる時があるかと思います。それはいつなのでしょうか。

 

例えば会社が一緒だった場合は、他の人に感づかれた時は好き避けになる可能性があります。「お前らいい感じなんじゃないの?」なんて言われてしまうと恥ずかしくなってしまって途端にメールの返信をしなくなってしまう人がいます。

 

これは周りからからかわれるのが恥ずかしいとか、相手に迷惑をかけてしまうのではないかという心理からくる行動と言えます。
せっかくそこまで関係を築いたのにそうなったしまったらとても悲しいですよね。
こんな時は連絡が途絶えてしまいますが、こちらからメールを送って何日かして返信が来るようであれば、完全な好き避けだと言えます。

 

しかし気持ちも離れてしまう可能性も無きにしもあらずなので、ずっと無視されたり長期間間があくようであればもうあなたへの気持ちは薄れてしまったと理解したほうが懸命でしょう。

 

どうしても相手のことが諦めることができなければ直接誘ってみるなどして早めに対処していきましょう。やはり一度好きになった人を諦めるということは辛いことなので、できれば恋が実るように頑張っていきましょう。

スポンサーリンク