好き避け 後悔

好き避けをしてしまったがために後悔してしまった経験を活かそう!

スポンサーリンク

日本には1億人もの人がいますが、それぞれ違う場所に住んで、それぞれ違う人と関わって、それぞれが違う価値観をもっています。
その中でも生きていく中でいろんな経験をしてきて、いろんな恋愛をしてきたことと思います。

 

その中にはすっと告白できる人もいれば、引っ込み思案でいつまでも片思いで終わる人もいるかも知れません。

 

今回は恋愛において好き避けをしてしまった時そのことが原因で後悔をしてしまったという人がいましたら、そのことを活かして次の恋愛に活かしていくためにどのようなことをしていけばいいかを見ていきましょう。

 

好き避けは、好きな人がいて、自分の気持ちが相手に悟られたり、悟られて嫌がれてはいやだという気持ちから、あえて好きな相手を避けてしまうという行動をとってしまいます。
しかしそうやって相手を避けて、遠くから見ていてその好きな相手が恋人を作ってしまってとてもショックを受けたという経験がおありのかたもいるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

そういった苦い経験を活かしてもう好き避けをしないためにはどうしていけばいいのでしょうか。
答えは好き避けをヤメればいいのです!
しかしいきなりやめようと思ってもそんなこと簡単にできませんよね。
ではどのようにしていけばいいのでしょうか。
やはり好き避けをする人は、自分に自信がないということが一つと、考え方がネガティブなことが最大の要因であります。

 

どんな小さいことからでもいいので、自分に自信をつけるように心がけていきましょう。
自分が少し嫌だなと思うことを積極的にやってみるのです。飲み会の幹事をやってみたり、同窓会を開いたり、班長をやってみたり、やったことのないようなことをやっていくと、たとえうまく行かなかったとしてもそれをやることによって自分の中に経験として積み重なっていくので、どんどん自信がついていきます。
そうやって自信を持つことができれば好き避けはなくなっていくでしょう。

スポンサーリンク