好き避け 後悔

好き避けで後悔してしまう理由とは

スポンサーリンク

好きな人に対しての気持ちが強いがために、好きな人と話したり、目があったり、目の前にいるとものすごく緊張してしまったり、うまく喋れなくなったり、恥ずかしがってしまう行動が好き避けということになりますが、
草食系男子という言葉も流行したように若い人にもすごく増えてきています。

 

なぜこういった行動が起こるのでしょうか。
今回は好き避けをしてしまうがために、後悔してしまった理由について見ていきたいと思います。

 

好きな人とは本当は仲良くしたいし、話したいと思っているものですが、恥ずかしさのあまり逃げ出してしまったりして、せっかく話せる機会があったのにと後悔してしまいます。
今度こそはとチャレンジしてみますが、またうまくいかないという悪循環になってしまいそれもまた後悔につながっているということになります。

スポンサーリンク

好き避けをする人にはある程度共通した性格があります。それは、おとなしい人であったり、恥ずかしがりやである人が多いのです。

 

そういった人は自分に自信があまり持てていない人が多いので、自分に自信をつけることで好き避けを克服できるようにもなっていきます。

 

好き避けをしていては、もし相手も自分のことが好きだった時は、ずっと逃げてばかりいると嫌われているのかと勘違いしてしまいます。本当は両思いでなのに、すれ違いが生じて恋が実らないということにもなってしまう可能性が大いにあります。こうなったら後悔しても後悔しきれないですよね。

 

自分に素直になって自分に正直に、少し勇気を持って行動できるようにしていきましょう。
何も行動せずに後悔するよりも、自分なりに行動を起こしてみることで何か違った結果が舞い降りてくるはずなので是非挑戦してみてください。

スポンサーリンク