好き避け B型女性 行動

好き避けの行動とB型女性における好き避けのパターンについて

スポンサーリンク

「好き避け」とは、「相手の事が好きなのに、避けてしまう言動をとること」をいいます。
好きな相手に対して、「相手に自分の気持ちがばれてしまったらどうしよう」「自分のことが知られてしまう事で相手に嫌われたらどうしよう」といった『恥ずかしさ・自信のなさ』から、起こってしまうようです。
プライドの高い女性や、普段自分から告白しないような女性、恋愛にあまり慣れていない女性が取りやすい行動です。
相手に対して、「わざと目を合わせない」「わざと酷い事を言う」「皆のいる前では積極的に関わらない」等、本来の気持ちとは裏腹な態度を取ってしまいがちです。
しかし、それだけでは単に嫌いな相手に対して取る態度と変わりません。
「好き避けしている相手」と「本当に嫌っている相手」に対する行動の違いは、「周りに人がいない時に話しかける」「嫌いにみえても、叩いたりする事でスキンシップをとる」ような場合に出てきます。
表向きの行動としては「あなたの事、好きじゃないのよ」とみせておいて、本来は好きという気持ちを抑え切れていないのが、「好き避け」している相手に対する行動です。
スポンサーリンク

次に、B型女性の行動を考えてみます。
B型女性は基本的には素直で駆け引きの苦手なタイプが多いです。
好き避けの行動を取っていても、ふと素直な自分が出てしまう傾向があります。
好きな相手から目線をそらしていても、相手が見ていないときは自分がじーっと見ていて、ふと気づかれたりするパターンもあると思います。
B型女子は人や物事の好き嫌いがはっきりしているので、本当に嫌いだったら近づこうともしませんし、話しかけもしません。
極力嫌いな相手とは関わろうとしません。
口では酷い事を言っていても、よく話しかけてきたり、叩いたりしてきたら、それはB型女性の「好き避け」のパターンです。
B型女性は比較的スキンシップを取ることが好きなので、好意をもった相手にもついつい触れていることが多いかもしれません。
しかし、反対に相手から触れられる事には慣れていないので、好きな相手に不意に触られたら、つい「恥ずかしい」という素の部分が出てしまうかもしれません。
B型女性は、比較的ロマンチストが多いので、現実の相手に対して「こんな人好きじゃない」と、自分の理想と現実のギャップに苛まれた結果、つい「好き避け」という態度に出てしまうのかもしれません。
スポンサーリンク