好き避け 影のある女性 特徴

好き避けしてしまうひとの特徴と影のある女性

スポンサーリンク

近頃、好き避けをしてしまう方が、男性女性問わずに増えている傾向があります。
好き避けとは、職場や学校などで、好意を持っている異性に対してわざと冷たい素振りや気のない態度を取ってしまう、あまのじゃく的な心理行動を指す言葉です。
多くの場合、好きなのに避けてしまう心理の裏には、羞恥心が隠れています。
恋心を周囲の人に知られたら恥ずかしいという気持ちです。
また、好意を寄せている相手そのものに、自分の気持ちを悟られたら恥ずかしいと感じている場合もあります。
こうした羞恥心は、主にプライドに起因しています。
自分にあまり自信が持てないタイプの方なら、恋心を笑われたり振られてしまうことでプライドが傷ついてしまわぬよう、自己防衛の思いが強く働いているのです。
そこで恋心を押し隠してしまい、好き避け行動につながります。
逆に自分の容姿やモテることに対して自信があるタイプの方は、相手からアプローチを受けることが当然であると無意識のうちに考えてしまいます。
自分から積極的に相手に近寄ることはプライドが許さないのです。
このような心理から起こるのが、いわゆる「ツンデレ」的な好き避けです。
スポンサーリンク

ただ、影のある女性の好き避けは、こうしたプライドが起因するものとは違った理由が隠されている場合があります。
その理由はひとりひとり様々ですが、「恋愛したくない」もしくは「恋愛できない」と思うような何かが存在していることが特徴です。
たとえば、過去に恋愛でかなりの痛手を負っていて、その経験が二度と恋愛なんかしたくないという思いを強固にしている可能性が考えられます。
また、大きな借金を抱えている、重い病気の家族がいるなど、とても恋などしている場合ではないという状況判断から、自分の恋心を押しつぶしてしまおうとしている場合などもあります。
こうした影のある女性の特徴から起こる好き避けは、他の場合よりも根が深いものです。
そのため、相思相愛に発展させるには、ハードルが高い相手であると言えるでしょう。
影のある女性を好きになってしまった場合、彼女に影を作ってしまった原因を取り除くことが重要になってきます。
その特徴が過去の不幸な恋愛に起因するものなら、相手が違えば結果も違うものになるということを伝え、恐れを取り除いてあげることが大切です。
また、借金や家族の病気が重石となっているのなら、一緒にその問題を解決していこうとするような真摯なアプローチが有効です。
スポンサーリンク