好き避け 嫉妬 態度

好き避け女性の嫉妬の態度について

スポンサーリンク

好きな相手をわざと避けてしまう事を、最近では好き避けと呼んでいます。
この好き避けは本当に嫌われている場合との見分けが非常に困難で、相手の態度を慎重に判断しないと思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります。
例えば自分が好き避けされていると判断したのに相手から本当に嫌われていた場合には、お互いに不愉快な思いをすることになりますし場合によっては人間関係に軋轢が生じる可能性があります。
また反対に相手に好意を持たれているのに、嫌われていると思い交際に発展しないケースも多く見られます。
ただ、全く見分ける方法がないわけではありません。
見分け方のポイントの一つに、嫉妬があります。
基本的に好き避けする女性は、感情を表に出しにくいとされています。
しかし嫉妬の態度は無意識で出てしまう事が多く、そのポイントを押さえる事で余計なトラブルを回避できますし上手く交際に発展する事ができれば良いパートナーを手に入れる事ができると言えます。
スポンサーリンク

例えば好き避けしている女性の前で、わざと違う女性に話しかけたり親しい様子を見せると言う方法があります。
この方法は非常に有効な手段とされています。
好き避けする女性は基本的に自分に自信が無く引っ込み思案な方が多いとされていますので、この方法で嫉妬の態度を引き出す事は効果的とされています。
また嫉妬する事で女性も自分の素直な気持ちに気づくことができますので、その後避けられる事が無くなると言う効果も期待できます。
なお相手に嫉妬させるのではなく、自分が嫉妬の態度を見せる事も効果的な方法とされています。
これは女性に自信をつけさせる方法として非常に有効で、他の男性と話をしている時などに行うと女性に自信を持たせることが可能になります。
自分に自信がつけば自然と避けられる事もなくなりますし、急速に親密な関係になることもできます。
また好意を素直に表す様になりますので、違った魅力に気づく事ができる可能性もあります。
スポンサーリンク