好き避け 好きなひとと話したい 高校性

本当は好きなひとと話したい高校性が好き避けをしてしまう

スポンサーリンク

本当は好きなひとと話したい高校性が好き避けをしてしまう事を相談された方や聞いた方がたくさん居ると思います。
もしかしたら過去にその様な経験をした方や今現在その事で困っている方も居るかも知れません。
本当は話したくて話したくて仕方が無いけどどうして良いか分からない人や何を話して良いか分からないから好き避けをしてしまい、家に帰った後やふとした時に思い出して後悔している人も居ると思います。
特に人生の最も甘く切ない思春期には好きなひとと話したい高校性が好き避けをしてしまい卒業まで伝えられなかったと言う事もあるかも知れません。
その様な行動を取ってしまうのはおそらく好きなひとに嫌われたくないから取ってしまう行動だと思います。
しかし、アクションを起こさずに好き避けをずっとしていてもいつかは卒業して別々の進路になってしまったりクラスが変わり話せるタイミングも少なくなってしまうかも知れません。
なので、勇気を出してアクションを起こすと良いと思います。
スポンサーリンク

純粋に好きなひとと話したいと思ったら何でも良いので話してみてはいかがでしょうか。
特に好きなひとと話したい高校性は些細な事で話せるタイミングがたくさんあると思います。
例えば、教科書を忘れたから貸してとお願いするのもありだと思います。
テストでどこが出題されるか聞くのも良いと思います。
宿題を見せてもらう事や見せる事も良いと思います。
先輩と後輩なら体育祭や文化祭などの学校行事で話しかけるのも良いと思います。
部活に入っているなら先輩や後輩を介して話すのも良いと思います。
また、違う高校なら友達に協力してもらい文化祭に行って話してみたり、好きなひとと同じ高校に通う地元の友達に紹介して貰うのも良いと思います。
この様に高校時代には話しかけられるタイミングも話題も結構あるという事です。
後は自分が好きなひとと話したいと思ったら行動して話すべきです。
やらない後悔をするよりやって後悔した方が相手にも分かるので良いと思います。
最初だけ少し勇気を出してみてはいかがでしょう。
スポンサーリンク