好き避け 好意を持たれている 行動

好意を持たれているのに好き避けされている・どんな行動を取るか

スポンサーリンク

最近、好き避けをする女性が多いのだそうです。
本当は好きなのに、自分に自信が無くて、そういう自分を見られたくないからあたかも相手のことが嫌いだというような行動を取ってしまう事を好き避けといいます。
もし、あなたの身の回りに少し前までとても仲良くしていたのに突然避けるような行動を取っている人がいるなら、その異性にと好意を持たれている可能性もあります。
これから好き避けをする女性の行動パターンを紹介していきます。
好意を持たれているのに、避けられているからと感じてこちらも関係を断つようなことは本当にお互いにとってもったいないので、よく覚えておいてくださいね。
まず、本当は嬉しくてたまらないのに、つい冷たい言葉を発してしまったり、津冷たい態度を取ってしまったりします。
こういう女性が居る場合、今までの事を思い浮かべてみましょう。
自分い冷たくされる身に覚えがない場合は好意を持たれている場合が多いです。
おおきな気持ちで受け止めてあげてください。
スポンサーリンク

次に好き避けをする女性というのは、基本的に自分が好きだという事を周りの人に知られたくないという心理があります。
これは男性にも当てはまる人が居るのではないでしょうか。
そのため、基本的に話すときなどは相手の顔を見ることが出来ません。
そのため、話すときに顔を見られないからと言って、嫌われていると落ち込む必要はありません。
一方、大胆な行動を取れる一面もあるのがこういった女性の特徴で、意中の男性が一人で居ることを見つけると、積極的に話しかけに行ったりします。
ですから、普段あまり顔をみて話してくれないのに、自分が一人の時はよく話しかけてくれる女性があなたの身近に居る場合は、ほぼ間違いなく相手の女性はあなたのことが好きです。
基本的に好き避けな態度を取る女性はシャイで自分に自信が無い、恋愛経験が少ない、プライドが高い、また、先ほどとは逆でもてるタイプで自分から相手にアプローチをかけた経験が無いという人が多く、当たり障りない対応をするので同性からも異性からも好かれます。
スポンサーリンク