好き避け お互いに好意がある

お互いに好意がある場合の好き避けを早く終わらせましょう

スポンサーリンク

いつだって、今も昔も、告白するということは怖いものです。
いくら両思いだとしても、告白する前はそのことが確信出来る状況にはないのが普通でしょう。
さらに、好き避け、という行動パターンをとってしまう人がある一定程度いるのです。
つまり、好きならば話しかけたりメールをしたり、ご飯に誘ったりすれば良いのは分かっているのに、何もしない、それどころか距離を取ってしまう、避けてしまう、そんな行動パターンを選んでしまう人がいるのです。
当然ながらそういう行動パターンを取っていれば相手に行為は伝わりませんし、場合によっては嫌われてしまうことだってあるでしょう。
もったいないことです。
片想いの段階でも、攻め方によっては振り向いてくれることだってあります。
ましてやお互いに好意がある状態であったなら、その絶好の機会を自ら潰してしまっていることになります。
そんな自傷行為をしないためにどうすべきか、そのことを考えてみましょう。
スポンサーリンク

好き避けという行動パターンがなぜ起こるか、ということを考えると、失敗を怖がって、ということになると思います。
つまり、現状では嫌われていない、普通、の関係性であるのに、告白することで、そこまでいかなくてもこちらから話しかけたりすることで現状の関係性が壊れてしまうことを怖がっているのです。
お互いに好意がある、可能性があるのに、その失敗を怖がるがゆえにチャンスを自分で壊しているのです。
好き避けには失敗を怖がる心理が働いているのです。
お互いに好意があるかどうかは告白しないシチュエーションでは確かめることが難しいですが、少なくとも嫌われているかどうかは分かるかと思います。
嫌われていないならば、まずは好き避けを辞め、小さなこと、出来ることから始めてみましょう。
職場が同じなら挨拶をしてみます。
何気ない、内容が薄いような、嫌われる要素のないメールを送ってみます。
そんなことぐらいなら、出来るのではないですか。
お互いに好意があるところまで持っていくためにも好き避けという行動パターンをゆっくり辞めることが大切です。
スポンサーリンク