好き避け 年下男性の心理

年下男性の心理として好き避けは効果的なのか

スポンサーリンク

好き避けとは好きだからこそ避けてしまう行動のことを指します。
ただやみくもに好き避けをしてもあまり効果がないので注意が必要です。
とくに最近は草食系の男性も多いので、年下男性の心理としては間接的なコミュニケーションを好むので慣れるまでは、メールやチャットの方がいいと思います。
最近はそちらの方でコミュニケーションをとるのが一般的なので、直接本人と話す前にインターネットのツールを使って仲良くなった方がいいと思います。
最初は趣味の話題などで話を盛り上げて、相手と自然な会話をすることに意識を向けた方がいいと思います。
年下男性の心理としてはあまり深い付き合いができない方も多いので、女性自身が引っ張っていくような感じになります。
とくに付き合っていけば年齢のことは関係なくなるので、まだ慣れていない段階ではそのような話題を出して話をしたりしてもいいと思います。
基本的にはゆっくりとコミュニケーションをとっていけば問題ないと思います。
スポンサーリンク

 インターネットを使ったコミュニケーションだけでは次のステップにはいけないので、直接本人と話すことも重要になってきます。
相手がひとりで会うのが苦手なタイプでしたら、複数で会ったりしてからふたりだけで会うようにした方がいいと思います。
年下男性の心理として年齢を気にする方もいるので、あまりからかったり、好き避けなどをやり過ぎるとかえってマイナスなイメージになるので注意が必要です。
直接本人と話せるようになれば、チャットやメールなどで話していたような感じで会話をすることができると思います。
恋愛に焦る気持ちは禁物なので、ゆっくりとコミュニケーションをとることが非常に重要になってきます。
引っ込み思案の相手には、自分から相手の話を引き出すようにして会話をすることが重要になってくるので、そこだけは覚えておくと便利だと思います。
あとは好き避けなどをして相手の気持ちを確かめることも重要になってきます。
ぜひこちらの方法で相手の気持ちを確かめてみてください。
スポンサーリンク