好き避け 視線を感じる

視線を感じる場合の好き避けについて

スポンサーリンク

気になる異性から視線を感じるのに、廊下で会った時に挨拶を無視されたり、冷たい態度を取られてしまう場合があります。
この場合は相手が好き避けをしている可能性があります。
好き避けとは、本心では相手の事が好きであるのにも関わらず、素直になれずに冷たい態度をしてしまう事を言います。
好き避けをしてしまう理由としては、様々な事が考えられます。
その1つが、恋愛慣れをしていないために好きな異性との接し方がわからないケースです。
この場合は、遠くから好きな異性に視線を送る事はできますが、廊下などで会った時に心理状態がパニックを起こして無視をしたり冷たい態度を行ってしまう事があります。
そのため視線を感じるのに避けられる場合については、相手は恋愛経験に不慣れである可能性があるために、こちらから笑顔で挨拶をしてみることが親しくなれる有効な方法となります。
最初は無視される事があるかもしれませんが、時間をかけていく中で親しくなれる可能性が出てきます。
スポンサーリンク

学校等で同じクラスの異性から視線を感じるのに、会話をしても素っ気ない態度をされてしまう場合があります。
このようなケースは、相手が自分の事を好きなのに、わざと避けている可能性があります。
好き避けをする理由としては、過去の恋愛がトラウマになってしまって、好きな異性が存在しても積極的に関わりたくないという心理状態が働いているケースがあります。
このような理由によって好き避けをしている異性に対しては、時間をかけて誠実さをアピールすると仲良くなれる可能性があります。
例えば同じクラスである場合は、授業の宿題やレポートを手伝ったり、行事の時に親切にしたりする事によって親しくなれる可能性が出てきます。
本当に嫌いな相手の場合については、その相手に視線を向けない場合が多いです。
また本当に嫌いな相手に対しては、態度も嫌悪感の表情が多かったり、怒っていたり等の強い拒絶感を示すケースが多いのが特徴です。
そのため、頻繁に視線を感じるのに避けられるケースは、好き避けの可能性が高いでしょう。
スポンサーリンク