好き避け 連絡先 聞けなかった

好き避けで連絡先聞けなかった場合について

スポンサーリンク

日頃から好き避けをしていると、時に相手との関係を深められないまま会う機会がなくなってしまうことがあります。
連絡先が分かっていれば後に連絡をとるということも出来ますが、連絡先聞けなかったとなると再び接点を持つことは難しくなるのが常です。
従って、好き避けをしてしまう方は、連絡先聞けなかったと後悔する前に手を打つことが大切になります。
連絡先聞けなかった場合でも、友人や知人を介することで電話番号やメールアドレスが分かることがあるため、最後まで希望を捨てないことが肝心です。
連絡先を聞く場合には、最初は出来るだけ自分から相手にコンタクトをとることが必要です。
他人づてに連絡先を聞かれることを嫌がる方も存在するため、やむをえない場合を除いてはやはり自分で聞くのが良い方法と考えられます。
好き避けをしてしまう方は概してこのような行動が苦手ですので、周囲の人に協力してもらうのも一案です。
皆で連絡先を交換するようにすれば、楽に電話番号やメールが分かります。
スポンサーリンク

連絡先を聞く際には、他の口実を作るのも有効と考えられます。
仕事や用事を理由に、連絡先が必要だという設定にすれば好き避けをしてしまう方でもトライすることが可能です。
恋愛感情から連絡先が欲しいという本音を上手に隠すことが、このような場合のポイントになります。
この方法は、実のところプライドの高い方にも最適です。
こういった明確な口実を設けることが、積極的な行動をとるために役立ちます。
好き避けは、何も行動を起こせずに恋が終わってしまうことがあるのが問題です。
このような経験をすると、次のチャンスが来た場合にも似たようなパターンに陥ることがあります。
自信喪失にもつながることから、精神的にもマイナスです。
一度成功のパターンを掴んでしまえば、ポジティヴな行動がとりやすくなります。
時には思い切って行動してみることも、恋愛シーンでは重要です。
後々後悔する時間を減らすためにも、積極的な行動をとるのが望ましいと言えます。
スポンサーリンク